大阪の食文化の変化について

大阪出会い〜人気ランキング〜

大阪の食文化の変化について

先日の「相葉マナブ」で関東と関西の違いをしていました。

 

関西と言っても登場するのは大阪のおっちゃん、おばちゃんをイメージしたような感じでした。見ていて思ったのが、テレビで比較されていたことで若干違うだろうと思ったのが、タマゴサンドです。確かにタマゴサンドには2種類あって、卵焼きの薄焼きしたタマゴとゆで卵をつぶしたタマゴをいれる分があります。

 

確かに30年以上前に、大阪でタマゴサンドと言ったら、卵焼きバーションの分を思い浮かべたかもしれませんが、今は子どもにタマゴサンドと尋ねれば、関東と同じようにゆで卵バージョンのものを持ってくると思います。

 

またおにぎりのむすび方も、俵型が多いと言っていましたが、これも昔の話だと思います。確かに昔は俵型が多かったと思いますが、今は三角むすびも多くなっています。
でものりは味付けが今でも主流です。というか、味付け海苔が普通だと思っていました。味がついてないって考えられません。

 

ただ大阪の食文化が関東と同じようになっていたのは、物流の変化が大きな影響を受けていると思います。コンビニに並んでいる商品は恐らくどこに行ってもあまり変わりはないと思います。

 

大手企業が一手を引き受けることによって全国統一された感じがしますが、地元で作るB級グルメこそ地元色が強く残っていくのではないかと思います。


ホーム サイトマップ
大阪出会い〜人気ランキング〜 サイトマップ